よくある質問

Zenの理念はなんですか?

私たちは、世界中の誰もが強力なセキュリティを備えた金融商品を見つけて利用できるプラットフォームを構築しています。私たちは、開発者や金融エンジニアのグローバルな基盤に新しい種類の資産を創造する能力を広げたいと考えています。

なぜブロックチェーン?

スマート・コントラクトは、必ずしも分散型のコンセンサスである必要はありません。 Nick Szaboは、Invented Smart Contractsのときに、スマート・プロパティが車のような物理的デバイスと、おそらくは信頼のおける集権的な公証人システムとの間で動作していると考えました。この独自のコンセプトには、比較的簡単に実施することができ、迅速で、安価で、経済的な観点から理解しやすいといった利点があります。

公証制度を採用した分散元帳の発明によって、「その情報をブロックチェーンに置くこと」が可能になりました。この設計では、契約は不変になるよう設定されていますが、プロトコル自体は必ずしもそうではありません。中央集権的に実行されるシステムもありますが、デジタル通貨、例えば Open Transactions を使用するシステムもあります。これらのシステムでは、あなたは操作者がプロトコルに対して何をするか信用して実行しますが、もし操作者が不正な操作をした場合、それを公開することができます。

Zenは、これらのシステムと似たような動作をさせることもできますが、そのどれにも似ていない独自のシステムです。契約を締結し、分散元帳に記入され、ソースコードに従って自動的に履行します。 Zenのシステムは、ユーザーが信頼のおける他者を見つける必要なしに、世界中の誰とでも取引を可能にします。セキュリティはアルゴリズム的に保護されます。

Zenと他のスマートコントラクトプラットフォームとの違いは?

価値記憶機能をコントラクト実行から分離すること(上記を参照)とは別に、Zenは財務およびデジタルコントラクトに焦点を当てた設定をしています。既存のプラットフォームは、完全に一般的な計算を実装する傾向があり、コントラクトのパフォーマンスを保証する可能性をあきらめてしまいました。例えば、イーサリアムのスマートコントラクトは「ガス」を使い果たす可能性があります。言い換えれば、実行の途中で失敗します。

Zenはサイドチェーンとは?

ある意味ではそうです。ZenはビットコインからZenへの一方向のペグを強制することができます:ビットコインのアクションはZenで自動効果を持つことができます。 反対は少し難しいです。私たちのプラットフォームはサイドチェーンの問題に対する既存のソリューションをすべてサポートしています。誰もがフェデレーションされたペグ(federated peg)を設定したり、個人的に安全なビットコイン預金を設定することができます。さらに、Zenは担保を要求することができます。ビットコインゲートウェイは、ビットコインネットワークにユーザーをキャッシュアウトできないことに対して、他の資産を保護することができます。正式な検証のサポートとは、これらのゲートウェイが発行する資産をビットコインによって保護されたものとして識別し、検証可能なレベルのリスクで任意の契約と互換性があることを意味します。

また、ビットコインへの変更と互換性があり、ハッシュパワーまたは暗号化によって保護された双方向ペグを可能にします。私たちのシステムは柔軟性があり、ソフトフォークを必要とせずに、既知のサイドチェーンの提案をサポートすることができます。

Zenはメタチェーンですか?

いいえ。メタチェーンは、既存のブロックチェーンを使用し、そのブロックチェーン内に、必要な情報を追加したレイヤーを新規で追加します。 Zenプロトコルは、ビットコインと並行して動作する新しいブロックチェーンです。 独自のコンセンサス・メカニズム、マイニング・インセンティブ、取引フォーマットを持っています。

Zenとビットコインのコネクションは何ですか?

Zenコントラクトはビットコインのネットワーク上のイベントを聞くことができます。それにより、ビットコインでの支払いの際に、資産やサービスの自動販売を可能にします。 Zenプロトコルは、ビットコインがフェデレーション、保証預金、および担保を用いて2つのチェーン間を移動するサイドチェーンをサポートします。また、Zenプロトコルはビットコインの今後のサイドチェーン・プロポーザルとの統合もサポートします。

マージドコンセンサスとは?

マージド コンセンサスは、次のZenブロックのPoWソリューションを検索するときに、Zenネットワークとビットコインネットワークの状態の両方に同意する必要のあるマイナーの行動です。この要件は、Zenブロックヘッダーのビットコイン状態へのコミットメントを導入することによって適用されます。ビットコインのコミットメントを安全に追加するために、Zenノードは完全なビットコインノードとしても機能します。実際のレベルでは、ネットワーク間の接続はRPC接続を介して容易になります。

マルチ ハッシュ マイニングとは?

マルチハッシュマイニングは、マイナーとZenプロトコルのユーザーとの間のインセンティブを調整します。 ブロックごとに、マイナーはいくつかのハッシュ関数の中から、1つを選択することができます。 プロトコルには、その関数を使用してマイニングされたブロック間の目標比率があります。 特定の同じ関数を利用したブロックが多すぎると、その関数の難易度が上昇し、マイニング効率が低下します。 トークン所有者は、投票により目標比率を調整し、ブロックチェーンをどのように確保するかフィードバックを提供します。

これにより、マイナーは、トークン所有者が望んでいることに対して強いインセンティブを与えられます。なぜなら、特別なハードウェアを使用する場合、異なるハッシュ関数間の切り替えは、通常非常に高価になるためです。一方、トークン所有者は、マイナーが利益を得てブロックチェーンが確保されている場合、目標比率を変更するインセンティブがありません。

アクティブ コントラクト セット とは?

アクティブ・コントラクト・セット( active contract set; ACS)には、ネットワークに直接影響するすべての契約が含まれています。 Zenプロトコルは、契約が必要でないときに、それに必要なリソースを解放します。それにより、生成するトークンが自由に移動できるようにしてネットワーク負荷を軽減します。

コントラクト サクリファイスとは?

コントラクト・サクリファイスは、ネイティブのZenトークンで支払われる取引手数料です。契約をアクティブにしてトランザクションを処理できるようにします。 コントラクト・サクリファイスは、契約がアクティブな間はブロックを見つけたすべてのマイナーに分配され、契約生成時のトランザクションを検証する際に、それをメモリ上に保存するコストを補います。

コインはありますか?

あります。 Zenには、契約を作成するために使用されるネイティブの有限なトークンがありますが、使用する必要はありません。そのようなトークンを持つという決定は、すべてのマイナーが受け取りたい資産であるマイナーの焦点の必要性から来ています。そのようなトークンがなければ、マイナーがハッシュパワーでネットワークを保護するというインセンティブを保証する方法はありません。Zenトークンは、ビットコインや他の商品の所有者にとってZenの付加価値を表す特定のスマートコントラクト関連機能のみを実行するように義務付けることによって、できるだけ多くの金銭的競争を避けます。